ドライヘッドスパ専門店の開業費用は?(自宅サロン編)

ドライヘッドスパ専門店の開業費用は?(自宅サロン編)

2021.05.19

 

ドライヘッドスパ資格講座をしていると「サロン開業が夢です。」とお話してくれる生徒さんがいます。

 

全身を施術するボディケアマッサージや整体ではなく、ドライヘッドスパ専門店なら、それは簡単に叶う夢です。そう言うと安易な考えに聞こえてしまいますが、「サロン開業するのは簡単だが、開業してからの努力が必要」です。

 

前回のブログのように特別な資格・免許は必要としないという意味で開業自体は簡単です。

そして気になるのがお金(コスト)のこと、開業費用ですね。

 

今回の内容は自宅サロン編としておりますので、自分の家をサロンにするという内容で進めていきます。マンションサロン編、テナント開業編は、また後日、お伝えできたらと思います。

ドライヘッドスパ専門店の自宅開業費用

家賃0円として、およそ15万円~30万円

まず、費用(お金・コスト)の話の前に、読んでほしいのですが、自宅サロンで最も必要なのが、家族の理解です。

 

1人暮らしなら、問題はありませんが、旦那さんやお子さんがいて、「お客様がいるときは、音を立てないようにして」とか「玄関や家の前にものを置かないで」など家族に負担をかけているセラピストさんもいます。

 

実は、こんなことがきっかけで家族・夫婦関係が不仲になり離婚までするパターンもあります。

 

これも大きなコストになるかもしれませんね。

 

普段はやさしい女性であっても商売となると、真剣モードでピリピリもします。

周りの友達、ママ友なんかに応援されていることもあり、そして、ご近所さんにも挨拶に行った手前、中途半端にサロン経営するわけにもいきません。

 

講座まで行って資格まで取って倒産してしまっては、恥をかくことになるかも…という考えもあり、上手くいかないとピリピリピリピリの毎日です。

 

余計な一言かもしれませんが、子供がすこし落ち着いたタイミングは、更年期の真っただ中だったりもします。

 

ドライヘッドスパ講座の時や習いたての練習時は、あんなに楽しかったのに、ふと我に返ると「私、何やってんだろう。」なんてことも少なくありません。

 

人生において大きなコストを払っています。

 

さてさて、本題の開業費用です。

 

自宅編なので家賃は発生しないと考えて、

・施術ベッド1万~5万円。メルカリで買う人も多いです。

・リクライニングチェアなら、あまり安いものはギシギシときしむので3万~10万円

・タオルは、今治タオルがおすすめでバスタオルサイズ18000円程度×数量、フェイスタオルが300円程度×数量

・お客様の着替えは、ユニクロより、意外とネットで速乾性のTシャツやパンツを探したほうが品質はユニクロと同等レベルでお安く変えることがあります。

・パソコンはあったほうが何かと5万円程度。ホームページに力を入れて画像、動画編集をする人はもっと良いものがいいですね。

・Wi-Fiなどネット回線、5~6千円ですが、自宅なので既にあるかも。

看板は、自宅がマンションの場合はほぼあきらめましょう。一軒家ならおけますが、どのくらいのサイズにするかによりますね。(参考サイト

チラシ、名刺、ショップカードなど印刷物は、完全にアプリ化しているサロンも増えましたが一人で働くサロンなら、アプリ業者と契約せずにアナログの用紙でよいと思います。(参考サイト

広告・宣伝費は、今やホットペッパーだけではなく、インスタグラムやTwitterなど無料で使えるものもありますね。ラインアットも良く使われています。

 

その他、アロマデュフューザーや音楽BGM、受付カウンセリングのテーブルや椅子などは、サロンオーナーの好みなのでピンキリです。壁紙や間接照明、インテリアなど、「ここにお金をかけたい。」という人も少なくありません。

それほどこだわりが無いようであれば、ニトリやイケアなどを廻ってみてはいかがでしょうか?

 

5千円の椅子でよい人もいれば、3万円の椅子でないとやりたくない人もいます。

生徒さんには、「開業費はいくらかかりますか?」と総額で聞かれることが多いですが、答えるのが難しいのは、この点につきます。

技術面でも、いくつもの講座を受けないと気が済まない人がいます。ドライヘッドスパだけでも70~80万円かかっている人も珍しくありません。

また、一日に何名を施術するかによっても細かい雑費が変わってきます。

施術後のお茶や茶菓子のこだわりは?ウェルカムドリンクも出しますか?ウォーターサーバーを設置しますか?

​すべて自分で考えるのは大変ですよね。

 

一般社団法人日本ヘッドセラピスト認定協会の開業支援CDRには【開業設備、備品リスト】として210品目がエクセルデータに入っています。

 

ドライヘッドスパ専門店に限らず、サロンをやっていると必要なものが年々増えていくものです。

この記事の作成者​

代表江口(ヘッドセラピスト)

全国ドライヘッドスパ普及協会 

代表理事 江口征次(えぐちせいじ)

お読みいただき誠にありがとうございます。この10年間にドライヘッドスパ・ヘッドマッサージ業界をまじかで見てきました。実店舗の頭ほぐし専門店、ヘッドスパ専門店や資格講座を通じてたくさんの方々にお会いし、私自身がも学ぶことも多かったです。これまで得てきたものをこのブログやスクール内でお伝えできれば幸いです。